生まれてすみません、というのが、太宰治の言葉でないことは知っていましたが、北村薫さんの「太宰治の辞書」を読んでそのことを改めて認識したところです。

 胎児の夢

 に書いたように、新人賞の佳作でデビューした程度では、いまだ作家とは言えず、更には生まれたて作家の赤子ですらなく、その手前の胎児であるというのは、ちょっと面白い考えかもしれません。

 生まれてすみません、そういうくらいなら……
 胎児のまま、生まれずにいる、という選択肢もあるのではないか? なんて……

 すみません、まだ生まれてませんでした。

追記)
 そういえば、作家になる前を作家の卵といったりもします。せっかくなので、卵生でなく胎生にしときませんか?
 だって人間だもの。